全国は雨といった山々が多く水の資産に恵まれています。そうして下水道工学が発達してあり、蛇口をひねれば全国全国にドリンクが流れてしまう。どういう大国であったとしても水道水が飲めるナショナリズムは実に無く、世界でも10カ国オーバーと言われています。水こそが、否、水道水こそが日本の金といっても過言ではありません。

但し日本の水道水はその清潔さを生みだすために衛生の段階で塩素としています。これは水道水とか市販の水も同じことです。弊社が国内で手に入れることができる国内産の水は全額滅菌の順番を踏んでいます。そうして輸入売り物の水ではこういう滅菌順番を踏んでいないナチュラルなものが多いのです。

さて、こういう滅菌順番で塩素として掛かる水道水、人体に影響はないのでしょうか?

今こういう水道水の塩素アレルギーを勧めるユーザーが増えています。ビタミンの潰滅によりお湯船に入ったりシャワーを浴びるだけで人肌あれ、かゆみ、ドライ、蕁麻疹などが出たりします。見当はありませんか?

私たちのナショナリズムは水資産に恵まれていますが、流通させるために通常ではない状態になっています。黴菌はなくとも化学物体を体内に混ぜることになります。浄水器、水の種類、自分の人体に合う水選び、今一度考え直してみてはいかがでしょうか。水素水サーバーをタイプで選ぶ